ゴミ箱のそばで横たわっていたボロボロの子猫。元気ないたずらっ子に成長し、お兄ちゃん猫の愛情を一身に受ける!

フロリダ州のパームビーチにあるトレーラーパークに出かけた、動物保護団体「Animal Friends Project」の創設者であるカルメンさんは…

ある日、小さな黒い子猫がゴミ箱のそばに横たわっているのを見つけました。

 
近づいてよく見ると、目ヤニで目を開くことができないのに加え…

全身ノミだらけで、健康状態が悪いためか歯茎は白くなっています。

カメルンさんは、必要な医療ケアを受けさせるため、車に積んでいたキャリーケースに入れて動物病院へと急ぎました。

いたずらっ子に成長

ルルと名づけられた子猫は、最初はシリングでご飯を与えなければならないほど弱っていましたが…

数日で健康を取り戻し、里親ファミリーのもとに預けられます。

 
それからは、たくさんの愛情を注がれて元気ないたずらっ子に成長していき…

 
やがて、ニューヨーク州のとある家族へと引き取られていきました。

 
そうして生涯のお家に引っ越したルルは、お兄ちゃん猫のモジョに出会います。

 
彼らはすぐに打ち解け、大の仲良しになりました。

お昼寝やいたずらはもちろん、なにをするのも一緒のふたり。

 
モジョはまるで保護者のように小さな妹を見守り、なにをされてもけっして怒りません。

 
妹のほうも、お兄ちゃんのすることならなんでも真似したがるのだとか(*´艸`*)

関連:藪の中でひとり怯えていた子猫。保護して一時的に預かるつもりだったのに、先輩猫とすっかり仲良くなってしまい…!?

最高の相棒

2匹の飼い主は語ります。

ルルがうちの子になってくれて、本当に良かったです。

モジョに最高の相棒ができたのですから。

彼女は数えきれないほどの喜びを運んできてくれます。

 
独りぼっちで辛いスタートではあったものの、優しい人に救助されて、かけがえのない家族にめぐり合うことができた子猫。

これからも大好きなお兄ちゃんと一緒に、素敵な日々の思い出を積み重ねていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ