鳴こうとしても声が出ない痩せっぽっちの子猫。耳が聞こえていないことが判明するも…懸命なケアのおかげで声を取り戻した!

ある日、米カリフォルニア州の路上で、さまよう小さな黒猫を保護したジャスティンさんとエリカさん。

 
午後から1週間家を空ける予定だったものの、放っておくわけには行かず…

彼らは、動物保護団体のジャクリーンさんに助けを求めたそう。

彼は「戻って来たら、新しい家族が見つかるまで預かりボランティアを引き受ける」と言ってくれて…

しばらくうちで預かることになったんです。

小さな鳴き声

鳴き声がとても小さく、まるで囁いているようだった子猫は、「ウィスパー(ささやき)」と名付けられました。

 
生後8週程度にも関わらず、体重は平均の半分ほどの450g。

全身ノミだらけでひどい脱水症状も起こしていたため、獣医のもとで必要な治療を行います。

 
それから1週間後、出先から戻り、約束通り彼女を引き取っていたジャスティンさん。

 
後にウィスパーは、耳が聞こえていなかったことも判明しましたが…

パパの熱心なケアのもと、少しずつ元気を取り戻しながら、『普通の幸せ』が何たるかを知り始めます。

 
鳴き声は徐々に大きくなり、性格はますます甘えん坊に(笑)

 
そんな姿を見守っているうち、心を完全に溶かされたジャスティンさんたちは…

やがて彼女を、正式に家族の一員として迎え入れることに決めたそう(*´∀`*)

関連:怯えて近寄ることも難しい猫。それでもご飯をあげ続けたら「思わぬ出来事」が!

ずっと一緒に

そして子猫は、マギという新しい名前をもらいました。

マギは魅力に溢れています。

とってもお茶目でいたずらっ子の一面も持っていますが、優しくて我慢強いところもあるんです。

彼女の表情や反応全てが大好きで、家に帰って彼女に会うのが待ちきれません!

 
鳴くこともできなかった子猫は、愛嬌のある美しい猫へと成長しました。

これからも大好きなパパとママと一緒に、楽しい思い出を積み重ねていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ