銀色のタキシード模様に、美しいオッドアイを持った子猫。その姿は…とある女性が思い描いた「理想の子猫」そのものだった!

かつてアニマルシェルターで働いていたマリッサさんのもとへ、元同僚から1通のメッセージが届きます。

内容は、「あなたの探していた子猫が見つかったよ」というもの。

 
紹介された子猫のハンニバルは、『フィーバーコート』と呼ばれる銀色の毛並みを持っていました。

これは、子猫のうちだけに見られるもので…

母猫が妊娠中に熱を出したり、過度なストレスを感じることで発現するといいます。

理想の子猫

淡い色のタキシード模様に加えて、目の色も片方ずつ違う『オッドアイ』。

 
全ての特徴が、マリッサさんの思い描く「理想の子猫」と一致していました。

 
里親としてハンニバルを養育していた同僚は、彼女の好みを覚えており、彼を飼い猫として託すことにしたのです。

 
こうして、マリッサさんの自宅へとやってきたハンニバルでしたが…

とても臆病だったため、当初は見知らぬ環境にすっかり縮こまってしまっていました。

 
そんな子猫の心を、先住犬や先輩猫たちが溶かしていきます。

 
彼らは、新たな家族となった子猫の体を舐めたり鼻をすり寄せたりと、愛情を示してあげたのだとか。

 
無論マリッサさん自身も、ハンニバルと仲良くなるためにたくさんの時間を費やしたそう。

 
そして、周囲の優しさに触れ、自分が愛されていると気づいた彼は…

それまで秘めていた、いたずらっ子な性格を開花させていきました。

「いたずら」という言葉が、子猫の形をしているような子です。

とにかくエネルギッシュで、いつも全速力で暴れまわっているんですよ。

関連:3匹の捨て猫を救ったのは…不思議な縁で結ばれた、耳の聞こえない母猫だった

美しく成長

やがて大人になるにつれ、フィーバーコートは薄れていき…

 
彼の毛並みは、いつしか美しいタキシード柄に!

 
目の色もはっきりと青と黄に分かれ、その美形ぶりにもますます磨きがかかりました。

 
とはいえ…大人になっても、甘えんぼうな性格は変わりません。

いつも家族にくっついて、仲良く遊んだりいたずらを仕掛けたりしているとのこと。

 
彼にとっても、そしてマリッサさんにとっても…

この出会いは、まさしく「運命」だったと言えますね!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ