『生後4週間にも満たない子猫を預かってほしい』 快く引き受けた里親のもとにやってきたのは、全く物怖じしない子猫だった!

里親ボランティアを行っているジェシカさんのもとに、1通のメールが届きました。

なんでも「生後4週間にも満たない子猫を預かってほしい」とのこと。

彼女は快く引き受けます。

 
やがてジェシカさんの家にやってきた子猫・サイダーは…

初日から好奇心全開で家の中を探検しました。

元気いっぱい!!

あちこちを動き回って、忙しそうにしていました。

自分がそれまで独りぼっちだったということは、あんまり気にしていないみたい。

物怖じしない子で、飼い犬にも怯えたりはしなかったですね。

 
身体は小さいながらも、食欲旺盛かつ非常にエネルギッシュ。

 
ジェシカさんが繰り返し注射器で食事を与えたおかげで、サイダーはみるみる大きくなっていきます。

すぐに体重が1000gの大台に到達すると…

お皿から固形のご飯を食べられるようにもなったそう。

 
一方で、性格は甘えん坊のまま。

自分用の寝床よりも、ジェシカさんのベッドで一緒に寝るほうが好きなようです。

 
ジェシカさんが新しく引き取ってきた子猫のアップルとも、すぐに仲良くなり…

彼女がやって来た初日には、家中を案内してあげようとしたのだとか。

アップルがやってきてから、サイダーはあまり私に話しかけようとしなくなりました。

子猫同士で、十分なほどにコミュニケーションを取っているんでしょう。

 
生後8週間ほどが経過すると、体重も2000gほどに増加。

 
いよいよ、里親のジェシカさんの元を離れる日がやってきます。

関連:独りぼっちで川辺をさまよっていた子猫。優しい人たちと触れ合って、人間のことが大好きになっちゃったみたい!

生涯のお家へ

そしてサイダーは、めでたく「生涯の家」へと巣立っていきました。

 
新しい飼い主の膝の上でゴロゴロ喉を鳴らしたり、うとうとしたり…

そしてそのまま眠ってしまうのが、彼のお気に入りです。

 
ヤンチャな子猫から、すっかり立派な大人の猫になったサイダー。

これからも快適な我が家で愛されながら、たくさんの幸せな思い出を紡いでいくことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ