森で姿を消した、コッカースパニエルとテリアのミックス犬。必死の捜索を続けた結果…見つかった場所は、まさに「盲点」だった

英ドーセット在住のクレアさんと暮らす、8歳の飼い犬・ティーズル。

 
アメリカンコッカースパニエルとテリアのミックス犬だという彼女は、大変活発な性格で…

その日も、森の中で野生のリスを追いかけまわして遊んでいたのだとか。

必死の捜索

ティーズルの姿が見えなくなっても、初めのうちはクレアさんはあまり気にかけていませんでしたが…

いつまで経っても彼女が戻ってこないことに、少しずつ不安を覚えます。

 
やがてクレアさんは、家族とともにティーズルの捜索を開始。

しかし…どれほど探しても、姿は見つかりません。

その日は、夜の10時になるまで探し続けました。

大きな声で彼女を呼んでも、返事さえも聞こえなくて…

本当に不安だったのを覚えています。

 
最悪の事態が、クレアさんたちの頭を過ぎります。

仕方なくいったん家へと戻り、翌朝の5時から再び捜索を開始。

 
すると、クレアさんの息子のジャック君が…

樹の根っこから覗いている、ちいさな二つの瞳に気が付きました。

 
なんとティーズルは、木の根っこの洞穴にすっぽりとハマってしまっていたのです!

 
黒い毛並みも相まって全く目立たない状態でしたが、たまたまジャック君が穴の正面に立って中を覗き込んだおかげで、無事に発見することが出来たのだとか。

クレアさん一家は、その後ノコギリを使って木の根を切断し…

発見から45分後、どうにか愛犬の救助に成功します。

関連:飼っているコッカースパニエルに『一人部屋』を作ってあげた飼い主。ハリー・ポッターを彷彿とさせるデザインが素晴らしい…!!

九死に一生

今では、あの木のことを「ティーズルの墓」って呼ぶようになりました。

 
そんなジョークが交わせるようになったのも、奇跡的な幸運があってこそ。

 
無事に生きて帰ることが出来て、本当に良かったですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ