【子猫】 駐車場に一人ぼっちで現れた子猫。初めは逃げてしまったけれど、お腹いっぱいになると…すぐに甘えん坊へ大変身!!

アメリカ・フロリダ州。

保護団体Animal Friends Projectの創設者・カルメンさんは、一人ぼっちで歩く、薄汚れた1匹の子猫を目撃しました。

 
近づくと逃げ出してしまったため、少し離れて後を追ってみたところ…

なんとそこには助けを必要とするノラ猫のコロニーが。

 
カルメンさんは準備を整え、保護へ乗り出します。

 
まもなく子猫はご飯を求めて罠に入りましたが、残念ながら母猫を捕まえることはできませんでした。

お腹いっぱいになると…

他の猫たちは翌日保護することに決め、まずは子猫を連れ帰ります。

 
とてもお腹が空いていたのか、彼は罠の中にいる間に、ぺろりとご飯をたいらげたそうです。

 
全身ノミだらけで寄生虫の治療をする必要もありましたが、お風呂に入りご飯をたくさんもらうと、徐々に元気を取り戻してきた様子。

ブラッシングしてあげている間、喉を鳴らしていたんです。

出会った時には近づいたら逃げてしまったので、人懐っこくリラックスしている姿には驚きました。

 
預かりボランティアによって、サンティアゴと名付けられた子猫。

 
厳しい環境を経験し、多指症も抱えていた彼ですが…

快適な家と美味しいご飯、そして愛情を注いでくれる預かりママの元ですくすくと成長することができました。

関連:【子猫】 人間に怯え、ケージの隅で震えていた子猫。それでも、施設のスタッフたちが懸命に愛情を注ぎ続けた結果…!?

幸せのために

しかし、真のハッピーエンドはまだ先。

保護活動を続けるカルメンさんは、最後にこう語っています。

もっと多くのノラ猫たちを、避妊・去勢手術で救えたら。

そう願っています。

 
不幸な命を減らすべく、日々尽力する人々。

その熱意と献身へ、ただただ頭が下がるばかりです。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ