旅行の間、お爺ちゃんに子猫を預けた一家。そんな出来事から10年以上が経った後…『予期せぬ光景』に驚いた!!

海外掲示板redditユーザーのerkah147さん一家は、保護施設から1匹の子猫を引き取りました。

タイガーと名付けられた彼は、当初病弱だったものの、懸命な世話のかいあって、すっかり元気を取り戻します。

 
そんなある日のこと。

一家が旅行に行く間、タイガーは祖父母のもとに預けられることになりました。

まさかの展開

それまでおじいちゃんは、どんなペットにも全く興味を示さなかったため、erkah147さんも少し不安を残しながら出発しましたが…

 
いざ帰宅すると、彼らはその心配が杞憂だった事に気が付きます。

 
四六時中一緒に過ごし、眠るときだって寄り添いあうふたり。

微笑ましい姿を見て、一家はひとまずその日も、子猫を預けておくことにしました。

 
そんな出来事から、10年以上もの月日がたって



 
彼はまだ、帰ってきていません(笑)

 
むしろ、絆は以前より深まり…

タイガーも、「お風呂の水を出して!」とお願いすれば、いつでもお手伝いしてくれるほどお利口な猫に成長していました(*´艸`*)

関連:『3匹の迷い猫』を保護したというお婆ちゃん。でもよく見たら、1匹だけ…!?

離れられなくなった

erkah147さんは語ります。

タイガーはおじいちゃんたちの生活に、幸せを運んでくれた。

彼は2人にとって、我が子も同然なんだ。

 
孫としても、この状況を認めざるをえない様子( ;∀;)

ともあれ皆がハッピーならば…運命の出会いに感謝する他ありませんね!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ