飼い主に捨てられた1匹の野良猫。それでも優しさを失わなかった彼女は…保護スタッフに愛され、美しい毛並みを取り戻した!

カナダ、ブリティッシュコロンビア州。

飼い主に捨てられ、ノラ猫として暮らしていたオジーは、とある家庭のポーチへと迷い込みました。

迷い込んできた野良猫は、骨と皮しかないほどにやせ細っていたんです。

長い毛並みは全身に絡み、足の間には特にきつく巻き付いていたので歩くのも痛そうでした。

 
まもなく保護団体「Animal Advocate Society」が彼を引き取り、すぐに経験豊富な預かりボランティアの元へと送ります。

 
ボロボロになって絡んだ毛を刈り、治療が始まると…

痩せていたのは、甲状腺機能こう進症のせいだと判明しました。

毛並みが戻った

血液検査の結果によれば、年齢は15歳程度。

 
大変な状況でも、彼はスタッフに優しかったといいます。

薬の投与を始めると、すぐに活発になり、体重も増え始めました。

経験豊富なスタッフの元で一生涯ケアを受けてもらうつもりです。

 
その後、オジーはどんどん元気を取り戻していきました。

手術以降の彼は、子猫のように見えるんです。

よく食べるし体重も増えて、おじいちゃん犬のニックニックと遊んでいます。

 
撫でるのをやめると、ほっぺを触ろうとしますが…

その際も、爪で引っかいてしまわないように気をつけてくれているのだとか(*´艸`*)

関連:過酷な野生暮らしで、顔つきに悲壮感がただよう野良猫。それでも時間をかけて愛情を注いであげると、表情にも変化が表れて…

ずっと幸せに…

野良猫時代とは比べ物にならないほど、美しい毛並みを取り戻したオジー。

その姿からは、希望があふれていますね(*´∀`*)

 
彼がこれからも幸せに暮らしていけるよう、心から願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ