中1の通信講座で「国名」を答えたら…記述式試験の難しさを巡る話

大学入試の共通テストに導入される可能性があるとして話題を集めた、『記述式回答』を巡って…

Nob Koi (@n_koid)さんは、次のような呟きを投稿しました。

 
それぞれの採点者が、そもそも「正しい知識」を持っているとは限らない。

となれば、やはり従来の方法を続けるほうがずっと安全ではあります。

『平等』は難しい

また、もしも入試という場で、これと同様の出来事が多発してしまった場合…

押し寄せるであろう再採点を求める大量のクレームへ、各機関が対応しきれるのかどうかも疑問です。

 
受験者の人生を左右する問題だからこそ、導入の方法については、より慎重に考えなくてはなりませんね。

関連:講師『配った紙をグシャグシャにして』 おかしな授業の結末に震えた

みんなの反応

●正しい国名とは

●最近日本政府は「グルジア」という国名を「ジョージア」に変更した。より正しくなったわけではなく、ロシア語表記から英語表記に切り替わっただけ。自称はサカルトヴェロである。どれが<正しい>のか?

●記述式はやめよう

●「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」を覚えて喜び勇んで記入して△をつけられた小学生は多いはず

 
深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ