自分でご飯が食べられず、あばら骨がわかる程痩せていた子猫。しかし、献身的なケアと愛情が彼女を美しい猫へと変貌させた!

米ワシントン州のとある保護施設から、1件の連絡を受けた保護活動家のハンナさん。

5匹の子猫とその母親が施設にいるが、一番小さな子猫はご飯を食べることができずかなり弱っている。

経験豊富な預かりボランティアが必要なので、手を貸して欲しい。

 
依頼を快く引き受け、子猫に会いに向かいましたが…

その姿を目にして、ショックを受けます。

彼女は他の兄弟に比べかなり小さく、触るとあばら骨がわかるほど痩せていたんです。

 
ハンナさんは小さな子猫を家に連れ帰ると、スモールフライと名付けすぐにケアを始めました。

困難な道のり

生後3週間にも関わらず、スモールフライの体重は生後1週間の猫と同じ程度の170gしかありません。

 
さらにひどい上気道の感染症と貧血、そして心臓の雑音も見つかり、回復までの道のりが険しくなることは必至。

それでも、ハンナさんは決して諦めませんでした。

 
チューブでミルクを与え、サプリメントや薬で昼夜を問わずケアを続けると…

 
やがて、自分でご飯を食べようとするまでに回復を遂げます。

息をするのが楽になり、食欲が出てきたのでしょう。

これはとても大きな1歩でした。

 
母猫から栄養たっぷりの母乳をもらうことができて、7日後には体重が2倍に。

 
病弱で小さな子猫の面影は、もうどこにもありません。

 
こうして順調に回復を遂げた彼女は、大好きな姉妹猫・プーチンと一緒に「生涯のお家」へと旅立って行きました。

 
暮らす場所が変わっても…

2匹は変わらず、いつでも寄り添って過ごしていたといいます(*´艸`*)

関連:レンゲに収まるほど小さい子猫は…やがて「立派な紳士」に変身した!

美猫に大成長

その後、1歳になった彼女はますますやんちゃに。

現在の飼い主さんによると、彼女は獰猛なハンターで、週に数箱の段ボールを仕留めてめちゃくちゃにしているのだとか(笑)

 
ハンナさんの献身的なケアと愛情で、美しい猫へと変貌を遂げたスモールフライ。

これからも元気に育ってくれることを心から願います。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ