2つの障害を抱える生後6ヶ月の子猫。飼い主に見放されてしまったものの、持ち前の愛嬌と陽気さで「幸運」を招き寄せる!

飼い主から見放され、ニューヨークの動物保護団体に連れてこられた生後6ヶ月の子猫・マーヴェリック。

彼はダウン症と軽い水頭症を患いながらも、持ち前の愛嬌ある性格で、スタッフたちを魅了します。

 
その後、障害のある猫たちの世話に精通したタラさんへ支援をお願いしてみたところ…

快諾に加え、なんと「一生涯のケア」まで約束してくれたのだとか!

新しい友だち

新しいお家に到着したマーヴェリックは、ゴロゴロとご機嫌な様子で喉を鳴らし…

 
新しいお友だちを見つけると、頭突きをしながらあいさつをします。

すぐにみんなと仲良くなりました。

レスリングをして遊ぶのが好きで、出会う猫たちみんなを虜にしていますよ。

 
フレンドリーな子猫はすぐに新しい環境に馴染み、まるでずっと住んでいたかのように振る舞いました。

 
障害があるにもかかわらず、本人はまったく気にしていない様子です。

 
タラさんは語ります。

外見はちょっと変わっているけれど、ふつうの子猫と何ら違うところはありません。

彼はとても人懐っこくて、おしゃべりが大好き。

いつも、ニャオニャオと何かを喋っているのよ。

関連:人懐っこく、ちょっぴり生意気な子猫。そんな彼女の「困ったクセ」にメロメロ!

幸せに包まれて

いまや大家族の一員になった彼は…

安心で快適な我が家で、これ以上ない幸せを噛みしめています。

 
この先もみんなと仲良く、素敵な日々の思い出を積み重ねていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ