危険なウイルスに感染し、兄弟が命を落としても…小さな子猫は戦い抜いた!

タグ

アメリカ・アリゾナ州の保護団体Bottle Baby Fostersに、生後1日も経っていない5匹の子猫が運び込まれました。

 
彼らは、母猫に置き去りにされてしまったようです。

みんな猫パルボウイルス感染症(猫の伝染性腸炎)にかかっていました。

おそらく母猫からウイルスをもらったんでしょう。

それが捨てられた原因かもしれません。

 
パルボウイルスは抵抗力の弱い子猫にとって、非常に危険な感染症です。

治療の甲斐もむなしく、3匹は命を落としてしまいました。

生きる意志

なんとか一命を取り留め、ピッピとデクスターと名付けられた2匹の子猫に、引き続き懸命な処置が施されます。

 
預かりボランティアのメリンダさんは、24時間体制でチューブをつかって授乳をし、身体を温め、そばに寄り添い彼らを励ましました。

 
その想いに応えるかのように…

食欲がなく、ひどい痛みに襲われているにも関わらず、2匹はミルクを飲み続けてくれたと言います。

彼らは、強い「生きる意志」を持っていたんです。

2週間程が経つと…

喉を鳴らし始めたり、周りを探索したりし始めて、もう大丈夫だと思いました。

 
ピッピは冒険好きのやんちゃな女の子に。

 
デクスターは甘えん坊の男の子にすくすくと成長していきます。

 
施設へ運び込まれた当時の様子を知る誰もが…

子猫らしく元気にハシャぎまわる彼らの姿を見て、驚くと同時に、ホッと胸を撫で下ろしたに違いありません。

関連:飼い猫かもしれないと、一度はおいて帰った子猫。しかし、やはり気にかかって?

戦士の休息

お互いを支え合って生き抜いたピッピとデクスター。

かつてのような辛い思いをすることは、もうないでしょう。

 
小さなファイターたちに、改めて称賛の拍手を捧げます!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ