レストランの通気口から出たがらない子猫。1時間にも及ぶ攻防の末、なんとか保護に成功し自宅に連れて帰ったものの…?

レストランでの勤務中、「店の外で子猫が鳴いている」と言う話を耳にしたジェナさん。

心配に思って探してみたところ…

通気口の中に、小さな子猫を発見します。

 
なんとか助けようとするも、子猫は怒ったり威嚇したりとあらゆる手段で抵抗し、出てくる気配がなく…

目の前に置かれたチキンにも、口をつけませんでした。

秘密兵器は…

そんな攻防が1時間ほど続いた後、ジェナさんは「あるもの」を取りにお店に戻ります。

それはなんと



調理用のヘラ!

 
コレを使い小さな身体をすくうようにして、ようやく保護することができました。

 
ジェナさんは彼女をタオルで包み、箱に入れて家に連れ帰ります。

 
ナゲットと名付けてもらった子猫は、家に着くとご飯をたっぷりもらいましたが…

なかなか心を開いてくれません。

 
出会って数日間は、ほとんどの時間をジェナさんから隠れて過ごしていたそうです。

 
しかし、そんなある日のこと…

夜は私のベッドの下に隠してある保温パットで過ごしていました。

でもあるとき、私の手の中で喉をごろごろ鳴らしながら眠ってしまって…

その日から、とっても甘えてくれるようになったんです。

 
怒りん坊だったナゲットは、甘えん坊の猫に変貌を遂げました。

 
お気に入りは、腕の中で丸まって喉を鳴らすこと。

 
日課のバードウォッチングも大好きです。

 
そんな日々を経て…

やがて彼女は、ジェナさんに正式な飼い猫として迎え入れられました!

関連:保護したものの、冷蔵庫の裏に隠れて3日間出てこなかった臆病な子猫。やがてお家に慣れたころ、先輩猫と会わせてみたら…

ずっと一緒に

ジェナさんは語ります。

おもちゃで遊んだり、美味しいご飯をいっぱい食べたり…

全てを楽しんでくれているみたい。

 
凍った通気口の中でひとりぼっちだったナゲットは、もうひとりではありません。

これからも優しい家族とともに、幸せに暮らしていってくれることを願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ