タンク車両内に入り込んでしまった子猫。見捨てることはできないと、心優しい男性が助けた結果…「思わぬ事態」が発生した

ノーフォーク・サザン鉄道会社で車両整備士として働いているクリスさんは、ケンタッキー州・ルイビルにある職場で「子猫の声」を耳にしました。

辺りを探してみたところ、タンク車両の中が怪しく…

ひざまずいて隙間から覗いてみると、やはり小さな顔が見えたといいます。

上司にタンク車両内に子猫がいるので、一旦車両基地に戻して救助することを提案したんです。

しかし、彼は子猫を助けることを許可せず、すぐに仕事に戻るようにといいました。

 
食べ物も飲み水もない状態では、いずれ死んでしまうでしょう。

クリスさんは『見捨てるわけにはいかない』と、仕事が終わってから助けることを子猫に約束しました。

耐え抜いた命

仕事が終わって急いで現場に駆けつけてみると、まだ猫は鳴き続けていたので…

列車がすぐには出発しないことを確認してから、基地に火ばさみを取りに戻りました。

 
車両の隙間に詰まったゴミを取り除くと、数匹の子猫の姿が見えましたが…

残念ながら、1匹以外はすでに息を引き取った後でした。

 
生き残った子をそっと取り出し、体を拭いてから、作業服の胸ポケットに入れると…

鳴き疲れてしまったのでしょうか、すぐにスヤスヤと眠ってしまいます。

 
これで一安心。

そう思った矢先、帰り支度をしに車両基地に戻ってみると



上司が、『君は猫を手にいれたが、職を失ってしまったようだ』といい放ったんです。

 
まさに青天の霹靂。

その翌日には…

会社から懲戒解雇だと電話があって…

もしも職場に足を踏み入れた場合には、不法侵入で逮捕するといわれました。

 
今回の件が本当に解雇の理由として妥当かどうかは、現在調査中とのこと。

 
一方、プロミスと名づけられた子猫は、すぐに新しいお家にも慣れたそうです。

関連:感染症のため、「変わった色の目」になった子猫の兄弟。互いに助け合いながら長い道のりを経て…最後に幸せを掴んだ!

「正しい行動」とは

先輩犬のデイジーとも仲良くなり、みんなに愛されて楽しい毎日を満喫しているプロミス。

 
それもこれも、クリスさんがいなければ、生まれなかった光景です。

 
彼の勇気ある行動を改めて称賛すると同時に…

事態が良い方向へ向かうことを、切に願ってやみません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ