感染症のため、「変わった色の目」になった子猫の兄弟。互いに助け合いながら長い道のりを経て…最後に幸せを掴んだ!

オーストラリアの猫のコロニーで発見された兄弟、ダニエルとデバーソン。

 
お互いを庇おうとするかのように振る舞っていた彼らは…

どちらも目の感染症に罹っており、一刻も早く治療を必要としていました。

互いを想って

2匹の子猫は保護団体を介して里親のもとへと引き取られ、人の手によって適切なケアを受けながら、少しずつ回復していきます。

 
より状態がひどかったデバーソンは、やむをえず片目を摘出したものの、術後はすぐに回復して元気になっていったそう。

残った方の目も、少し白く濁ってしまっていますが、視界は良好みたいです。

眼科の先生も、彼らが無事健康を取り戻したと知って、喜んでくれました。

 
外見は少し個性的になってしまったものの、無事に健康を取り戻した2匹。

 
野良猫として過酷な暮らしを送っていたからこそ、お互いの存在が何より大切だったのか…

いつも互いに寄り添って過ごしていました。

 
特に、少し恥ずかしがり屋な性格のデバーソンを、ダニエルは必死に守ろうとしていたのだとか。

そんな姿を見て、レスキューの人たちも、彼らを一緒に引き取ってくれる家を探し始めました。

関連:母親の愛を知らない生まれたての子猫は…献身的なケアを経て、フレンドリーで頼りがいのある存在になった!!

幸せを掴むまで

目の状態が完治するのを待って、やがて2匹は里親のもとを離れます。

 
それから1年ほど経って…

ようやく、無事に飼い主になってくれる人が見つかりました!

 
長く辛い道のりを経て、ようやく快適で安全な生活を手に入れた兄弟。

やっと掴んだ幸せを手放さず、これからも仲良く暮らしていってほしいものです。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ