2匹のシェパードと一緒に育った、元野良の茶トラ子猫は…やがて自分を「犬」だと思い始めた!?

ある日、消防士として働くベルギー在住のナタリーさんは…

1匹の子猫の命を救い、自宅へと連れ帰って保護しました。

それから数年後。

大人になった猫は、いまや自分のことを「猫ではなく犬だ」と思い込んでいるといいます。

犬のお兄ちゃん

救助された当時、まだ子猫だったアズマエルは…

2匹の犬の兄弟とともに、日々を過ごすことになりました。

以来、オールド・ジャーマン・シェパードのニミュエとホワイト・スイス・シェパードのリアムは、子猫の良き遊び相手でありながら、同時に保護者の役割も果たしています。

特にリアムのことが大好きなアズマエルは…

どうやら彼の体を、「世界で最高の枕」だと思っている様子です(笑)

初めのうち、ちいさな子猫と対面したシェパードたちは…

どう接していいか分からず、困惑するばかりだったとのこと。

しかし、他の動物たちのお世話で忙しいナタリーさんをお手伝いするため…

まだ幼いアズマエルに寄り添い、面倒を見てあげ始めたそうです。

まるで、犬を3匹飼っているみたいですよ。

アズマエルは他の犬のことも怖がらないし…

リアムやニミュエにちょっかいを掛けてくる犬がいれば、追い払ってしまうくらい勇敢なんです。

関連:動物たちに囲まれて育った優しいジャーマンシェパード。やがて出会った「最高の相棒」は…小さなネズミだった!

人々の反応

●あぁあああ~~カワイイ~~~~~!!

●ワンちゃんも猫ちゃんも、どっちもイケメンだね

●これが「共に生きる」ってことなんだろうな。人間は、彼らから学ぶべきことがたくさんあるよ

●私も犬と猫を飼ってるんだけど、やっぱり猫の方が「私は犬なんだ!」って思いこんでるみたい

●ウチの猫もそうなんだよね。犬なんて飼ってないんだけど…

種族の垣根を超え、絆を結んだ動物たちのエピソードに、心がほっこり温まりました(*´▽`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ