点滴を落として割った新人ナース。また怒られる、と絶望していたら…

看護師の中山さん@イラストレーター×看護師 (@musashi_0303)さんが投稿した、ご自身がまだ新人だった頃のエピソードに注目が集まっています



 
優しい…!

心のつながり

看護師と患者、その立場を越えた『人と人とのつながり』を感じるお話です。

 
病院の中にいる誰もが、ともに病気と戦う仲間。

だからこそ…こうした思いやりは本当に尊く、大切なものに違いありません。

関連:お局に『1回教えた事は聞くな』と威圧された新人ナース。すると…?

みんなの反応

●看護学生です。以前実習で指導担当の看護師さんから 厳しい指導が毎日続いて辛かったのですが、受け持ちの患者さんから大変だろうけど頑張ってねって言われて救われました

●父は「誰が注射をしても失敗しない極太血管」なので、よく新人看護師さんの注射に呼ばれてます。「俺の腕でみんな上手くなった」が父の弁

●分かります。怒られてばかりの新人時代、毎日やめたくて、でもやめる勇気も無くて病棟で泣いたこともあったけど、それに気づいて励ましてくれた患者さんのこと10年以上たっても忘れられないです

●わしも1ヶ月しかない看護師人生で味方は同期と患者さんがメインやった。患者さん曰く、「あの人、なんであんたばっかに酷いこと言いよるんかね?あんた別に悪いことしてないがね?あの人の背中拭きの方がよっぽど雑に思えたが」って言われて普通に泣いた。患者さんが1番新人を見てるよ

 
胸が熱くなるようなお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ