絶望的なほどに弱り切っていた子猫を保護。なんとか救いたい一心で、あらゆる手を尽くし、夜通し看病を続けた結果…?

米フィラデルフィアのアニマルシェルターへと連れてこられた子猫・クィンシー。

 
生後4週間ほどの幼さで骨と皮ほどに痩せ細っていた彼は、まもなく猫のための保護団体へと引き取られていったものの…

ひどい脱水症状を引き起こしていたため、刻一刻と衰弱していきました。

徹夜の看病

団体のボランティアスタッフのシャウナさんは、すぐに水分を与えますが… 

それでも、クィンシーの体調は一向に良くなる気配を見せません。

それどころか、ぐったりと横たわったまま、ずっと息を切らしていたといいます。

彼の体を抱きしめても、反応はほとんどありませんでしたね。

おそらく、翌朝までは生きられないだろう…

そう考えると、とても悲しい気持ちになったのを覚えています。

その夜は、眠らずに彼の傍にいました。

 
しかし、翌朝…

徹夜の看病が実ったのか、クィンシーの顔には生気が戻っており、呼吸もかなり良くなっていました!!

 
すぐに救急病院へと搬送し、ありとあらゆる手が尽くされた結果…

それまで横たわっていた彼は、上体を起こして座れるほどまで体力を回復したんだそう。

注射器からご飯を食べさせてあげると、自分の力で飲み込んでいました。

それどころか、その6時間後には、器から食べられるようにまでなっていたんです。

 
ご飯が終わったあとは、抱っこの時間。

シャウナさんは、クィンシーの体を温めてあげながら、精いっぱいの愛情を注ぎ続けたといいます。

 
それから5日ほど経過すると、すっかり健康を取り戻し、のどを鳴らしたり、おもちゃを使って遊ぶようになったんだとか。

ここまでくれば、もう安心です。

関連:ユニークな顔立ちの子猫を引き取ったら、驚くほどハグ好きだった。さらに、次にきた子猫にもそのクセが感染って…!?

飼い猫としての暮らし

さらに2週間たって、クィンシーはますます猫らしく成長。

私が近づいてくと、すぐにのどを鳴らし始めるんです。

名前を呼ぶと、さらに大きくのどを鳴らして、抱っこをせがむんですよ。

 
やがて、大人の猫ほどに大きくなったクィンシーは、シャウナさんの元を離れ…

飼い主となってくれた方の家へと、引き取られていきました。

 
今ではすっかり新しい家にも慣れて、幸せに暮らしているんだそう。

餓えや寒さ、孤独に苦しむことは、もうないでしょう。

辛い思いをした分、それに見合う幸せを手に入れていって欲しいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ