いつも眉をしかめ、悲しそうな表情をしていた子猫。しかし、飼い主を信頼してからは少しずつ顔付きが変わって…!

生後4週間という幼さで、米ニューヨークのアニマルセンターに連れてこられた、子猫のコーダ。

 
かなりの栄養失調で、骨と皮ほどに痩せ細っており…

また不安からか、ずっと鳴き続けていました。

臆病な子猫

お腹をペコペコに空かせているはずのコーダでしたが…

なかなかご飯を食べようとせず、里親となったジェンさんも困り果てました。

ボトルからご飯を食べるのが、あまり得意ではないみたいでした。

そのせいで、体重も増えたり減ったりの繰り返しだったんです。

 
それでも身体を温め何度もご飯を食べさせ、献身的な看病を続けた結果…

シャイだった子猫も少しずつ心を開きはじめます。

 
それから数週間が経ったころ、コーダが突然苦しみ始めたことがあったそう。

急いで彼を連れて、救急病院へと向かいました。

けれど、どうして具合が悪くなったのか、その原因は分からなかったんです。

 
ジェンさんは、彼の体調を確認しながらご飯と抗生物質を与え続けていたため、ほとんど眠れなかったのだとか。

 
そして…

幸いにも病気から快復したとき、コーダは、すっかりジェンさんに懐いていました。

いつのまにか、私の家が彼にとっての住処になっていたみたい。

というか、コーダは最初からそのつもりだったようですね。

関連:兄弟たちが貰われていくなか、取り残された一番小さな子猫。しかし、同じ境遇の後輩猫が現れたことで「大きな変化」が!

微笑む子猫へ

こうして正式にジェンさんの家族となったコーダ。

成長するにつれて、悲しそうな顔つきは消え穏やかな表情になりました。

 
まだ人に会うと怯えてしまうそうですが…

里子に来た子猫には、先輩として愛情をもって接してくれているのだとか(*´∀`*)

 
唯一無二の愛情と安心感を与えてくれるジェンさんのもとで、これからも幸せに暮らしていってほしいですね!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ