【子猫】 とある男性が、仕事場で6匹の子猫を発見。しかもその内2匹は…『ミトン』のようにキュートな手をしていた!

ある日、カナダ・モントリオールの工業用地で働いていた男性は、仕事場で生後3週間ほどの子猫を発見しました。

 
その数、なんと総勢6匹!

内1匹はすぐに引き取り手が見つかりましたが、残りの5匹は行き先が決まらなかったため…

 
セリーヌさんが代表を務める保護団体のもとへと届けられます。

ミトンのような手

施設にやってきた兄弟姉妹の内、アルファとミューズリーは、ある特徴を持って生まれてきました。

それは…

 
クマのように大きな手と、他の猫よりも多い指。

 
2匹には、多指症と呼ばれる先天的な形成異常があったのです。

 
アルファは5匹の中で一番のんびり屋。

少し大人びているところがあり、年上の猫と一緒に過ごすことも多いのだとか。

 
一方のミューズリーは、好奇心旺盛で遊び好き。

 
羽根のおもちゃが大好きで、よくベッドの下に隠してしまうほか…

面倒見もいいのか、たびたび他の兄弟姉妹が遊んでいるのを、じっと見守っていたといいます。

関連:多くの障害をもって生まれた子猫。里親のもとで同じ境遇を持つ「お兄ちゃん」に守られながら、着実に成長していって…

それぞれの幸せ

そして保護から1ヶ月後、5匹の子猫たちは皆無事に成長し、「生涯の家」へと引き取られていきました!

 
アルファは、新しい飼い主に抱っこされながら運んでもらうのが欠かせない日課に。

 
ミューズリーも新しい家で、新しくできた家族たちと、仲良く過ごしているようです。

 
人の手に保護されたことで、飼い猫としての快適な生活を手に入れることが出来た5匹の子猫たち。

彼らがみんな、健やかで幸せに暮らしていってくれることを祈ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ