視力を失い唇は裂け…満身創痍で拾われた子猫。それでも「超ポジティブな性格」で、幸せに向かって突き進む!

米マサチューセッツ州の保護施設に運び込まれた子猫のウルフィー。

生後10週間ほどの幼さにもかかわらず、彼は独りで路上をさ迷っていました。

 
母猫に育児放棄されたためか、身体は傷だらけで、衰弱しきっており…

さらには片方の目が全く見えていないほか、「口蓋裂」と呼ばれる先天性の疾患まで抱えていたといいます。

心の強さ

とはいえ、猫の保護団体のタラさんがウルフィーを施設から引き取ったとき…

彼は物怖じするどころか、箱から飛び出して近づいてこようとしたり、顔を擦りつけたりするほどの甘えっぷりを見せたそうです。

本当に特別な子猫ですよ。

辛い事を経験し、耐え抜いた子だけが持つ、素晴らしい精神の持ち主なんです。

 
ウルフィーは身体中に怪我や障害を持っていましたが…

決して生きることを諦めようとはしていませんでした。

 
自分を助けてくれたタラさんに、隙あらばハグを試みて…

一度応じれば、か細く鳴き続けてなかなか離してくれません(*´艸`*)

 
その後、頃合いを見て、タラさんはウルフィーを眼科へ連れて行きました。

彼の片目は、外傷を負ったときに見えなくなってしまっていました。

また、もう一方の目も緑内障を患っていたんです。

 
緑内障になっていた目を切除してもなお、彼の性格は明るいまま。

 
入院中も一切の不満を表さない忍耐強さに、タラさんも改めて驚かされます。

 
そして、無事に手術を終えて退院したウルフィーは…

真っ先に遊び場に向かっていきました(*´∀`*)

関連:家族全員を失った聴覚障害の子猫。その「純真さ」を守ろうと、人々は戦った!

元気いっぱいに!

歩くときはまだ少しふらついてしまうみたいですが、お構いなし。

あちこち走り回り、飛び回り、元気いっぱいに過ごしているのだとか。

彼は本当によくやっています。

ただ、ちょっとヤンチャすぎるところもありますね(笑)

 
周囲の献身的なサポートと、自らの生きる力で困難を乗り越えたウルフィー。

どうかこれからも、幸せな生活を送ってほしいですね!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ