幼い妹を病気で亡くした子猫のお兄ちゃん。打ちひしがれた心を癒したのは…新しくやってきた一回り大きな子猫だった!

保護団体のもとに連れてこられた子猫の兄妹、スタンとドリス。

とても妹思いだった兄のスタンは、不安がるドリスの傍を離れようとしませんでした。

 
2匹ともひどく痩せ細っており、風邪や栄養失調に苦しんでいたため…

少しでも早く安定した生活を送れるよう、里親へと預けられることになります。

悲しい別れ

保護団体の創設者であるアンバーさんは、当時のことを振り返りました。

ドリスの具合が悪い時は、スタンは彼女をぎゅっと抱きしめてあげていました。

彼は、ドリスのことを本当に大切に思っていたんです。

 
自分自身も衰弱しているにもかかわらず、スタンは妹の無事を第一に考えていました。

しかし、そんな兄の想いもむなしく、ドリスの体調は悪化し続け…

懸命な治療を施したものの、残念ながらこの世を去ってしまいます。

 
かけがえのない、たった1匹の家族との別れ。

里親は、彼の孤独を少しでも紛らわそうと、ずっと寄り添ってあげていたそうです。

 
その1週間後。

同じ保護団体のもとに、一回り大きな子猫のラバーンがやってきました。

 
スタンと出会ったラバーンは、まるで彼が深く傷ついていることを察したかのように、優しく穏やかに接したといいます。

ラバーンは、とても優しい子猫でした。

スタンが癒しを求めていることを理解して、力になろうとしていたんです。

 
すぐに仲良くなったスタンとラバーン。

 
一緒に遊んだり、寄り添って昼寝をしたりするうち…

やがて、スタンは妹にそうしていたように、ラバーンの身体を抱きしめるように。

 
彼らが強い絆で結ばれるのに、長い時間はかかりませんでした(*´∀`*)

関連:発育不全により病弱に育ってしまった子猫。似た境遇の先輩猫を紹介されると…あっという間に打ち解けて、奇跡的な成長を遂げた!

ずっと一緒に

すっかり落ち着いた表情を見せるようになったスタン。

 
家族を失った悲しみは、たとえ消えることはなくとも、ラバーンの傍で少しずつ癒えていくでしょう。

仲良しの2匹がいつまでも一緒に居られるよう、心から祈ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ