家族全員を失った聴覚障害の子猫。その「純真さ」を守ろうと、人々は戦った!

ノースカロライナ州に暮らしていた野良猫一家の中で、1匹だけ生き残った子猫。

 
キングと名付けられた彼は、健康状態が非常に悪くハエウジ症にもかかっていたため、動物病院の救急に運ばれました。

保護した愛護団体のサラ・ケリーさんが当時の様子を語ります。

彼は苦痛で苦しんでいた。

でも前足をふみふみして、生きる意欲と強さを見せていたわ。

 
治療を嫌がることもなく、与えられたミルクも飲み干したキングは、人との愛情ある触れ合いを心から楽しんでいる様子だったそう。

障害を抱えて

さて、24時間体制の看護のおかげで順調に回復していった彼でしたが…

生後3−4週間のとき、「聴力を失っていること」が判明します。

 
しかし、そんなことも全く問題とは思っていないのか、本人は相変わらず元気いっぱいでした。

いい意味で獣医の期待を裏切って、すくすくと成長しているわ。

 
そしてある日、新たな救いの手が差し伸べられます。

2匹の耳の聞こえない猫を飼っているクリスティーナ・ムーディーさんが、キングの受け入れを申し出てくれたのです。

サラからキングの話を聞いてすぐ…

「彼には私の猫たちが力になれるし、ぜひ引き取りたい」と伝えたの。

 
最初、もう1匹猫を飼うことに難色を示していたクリスティーナさんの旦那さんも…

キングの写真を見て、言葉を詰まらせるしかありませんでした。

彼はもう傷つく心配なんてないんだ。

うちの新しい家族になるんだからね!

先輩たちの歓迎

家に到着した彼のもとへ、すぐに先住猫の1匹・スノーが走り寄ります(*^▽^*)

素晴らしい光景だったわ。

キングがどこにいても、必ずスノーが後を追って見守っているの。

うちに来て数時間しかたってないのに、お互い鼻をすり寄せたり、舐め合ったり。

嬉しい驚きだった。

 
もう1匹の猫・ボンバも2日ほどは緊張していたそうですが、やがてスノーと一緒に新しい弟の面倒を見始めました。

 
キングに色々なことを教えてあげたり、遊んでいる姿をボディガードのように見つめたり…

 
彼の耳に障害があることを理解しているようです。

控えめに言っても本当に最高の関係を築いているわ。

関連:残酷な捨て方をされ、弱った子猫は…優しい人々のもとで『奇跡の回復』を遂げた

奇跡の出会い

キングの様子を聞いたサラさんは、嬉しそうに語りました。

障害のあるキングが素敵な家族に引き取られて本当に良かった!

今回のケースは私たちにとっても特別なの。

感動で涙が出てくるわ。

私たちもこの奇跡的な出来事の一端を担うことができて、信じられないぐらい嬉しい。

 
過酷な状況におかれてもなお、その純真さを失わなかったキング。

 
優しいお兄ちゃんたちと両親の元で、素晴らしい生涯を過ごせるよう願ってやみません(´∀`=)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ