感染症により眼球を摘出した子猫。視力を失った彼を、「兄弟」は支え続けた!

アメリカ・ウエストバージニア州の保護団体Itty Bitty Kitty Committeeにやってきた2匹の子猫・ジギーとボウイ。

兄弟である彼らは、どちらも目にひどい感染症を患っていました。

ジギーは治療だけで済みましたが…

ボウイの片目は、裂けてしまっていたんです。

 
結果、彼は眼球の摘出手術へと臨む他ありませんでした。

目は見えなくても…

辛い境遇を過ごしてきたに違いない2匹も…

預かりボランティアの元で、元気一杯な姿を見せ始めます。

走ったり、ジャンプしたり…

他の子猫と同じように、何でもこなします。

 
片目でわずかに光を感じれる程度の視力しかないボウイですが、本人はハンディをものともしていない様子。

キャットタワーに登り、1人でジギーの元へ行くこともできるんだとか。

 
大好きな兄弟の上に寝転がり、寄り添って過ごす2匹。

 
ジギーの目も綺麗に治り、視力も元に戻りました。

他の子猫と同じように遊んだり、飛び跳ねたりしています。

とっても愛情深く、おしゃべりな猫なんです。

関連:ずっと誰かにしがみついていた寂しがり屋の子猫。そんな彼にも「親友」ができて

一緒だから

「家族」の存在なしに、ボウイがこれほどまで元気に回復することは無かったでしょう。

それはジギーも同じだったはずです。

寝るのも遊ぶのも、食べるのも一緒。

ジギーはいつもボウイを抱きしめて眠るんです。

 
支え合って困難を乗り越えていく2匹。

 
失った分の幸せを…この先も存分に満喫できるよう、心から願っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ