ミルクを飲むのにも苦労していた「口と鼻が裂けた子猫」は…やがてそのユニークな姿で、人々の心をガッチリ掴んだ!

妊娠と同時に飼い主に捨てられてしまった猫・ドロシー。

見かねた近所の人によって保護団体『TinyKittens』へ引き渡された後、彼女は可愛い6匹の子猫を出産しましたが…

その中の1匹は、他の子猫と少し違っていました。

 
マーベルと名付けられた子猫は、口と鼻が裂けたような奇形を患っていたため、うまくオッパイを飲む事ができません。

 
預かりボランティアのシェリーさんは、そんな彼を心から愛し、24時間体制でケアを続けました。

すくすく育って…

2〜3時間おきにチューブかボトルで授乳する必要があったものの…

幸い、その他の点で障害の影響はない様子。

ミルクをごくごく飲み干し、日に日にたくましくなっていきます。

 
そして、5週間に渡る集中的なケアを経て、彼は健康で幸せな子猫に変貌を遂げました。

 
食事と妨げとなっていた、そのユニークな鼻と口も…

 
唯一無二のチャームポイントとして、出会う人みんなの心を溶かしてしまいます。

関連:グレムリンにそっくりなモジャモジャ毛の子猫。キャットタワーではなく、「人間の肩」に登るのが大好きな甘えっ子に育つ!

新しい家族の元へ…

やがて兄弟猫のトトと一緒に、生涯のお家へと旅立って行ったマーベル。

 
身体が成長するに連れ、毛並みもフワフワ感を増していきます。

 
さらに3年が経つと…

まるでライオンのような、威厳ある美しい姿になりました!(*´∀`*)

 
自らが抱える障害さえも魅力に変えてしまった子猫。

 
その愛らしい姿と前向きに生きる姿勢は、これからもたくさんの人をメロメロにしていくことでしょう!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ