バイトのサラダを「美味しい」と評する料理長。でも、それは褒め言葉ではなく?

イナダシュンスケ (@inadashunsuke)さんが投稿した、「宴会のサラダ」を巡るバイト時代のエピソードに注目が詰まっています!

 
美味しいと言われたのに、「褒められてない」…!?Σ(゚д゚;)

どういうことでしょう?

マーケティング戦略

聞けば、料理長いわく…

 
なるほど(((;゚Д゚)))

お客さんとしては、少しムムッとしてしまうお話かもしれませんが…(笑)

成功のためには、「時に努力を捨てる決断も必要」ということですね。

関連:7億の赤字を覚悟で、ロイヤルホストが24時間営業を廃止。すると、奇跡が…!

みんなの反応

●これはとても示唆に富んでいる話ですね! 美味しいサラダを売っているのではなく、宴会という時間を売っているのだという事だと思いました。何を売るのか? 何を客が買うのか? を設計する事が大事なんでしょうね

●私も同じような事を言われた経験があります。どう解釈するかは個人の自由ですが、飲食系商売人として知っておかねばならない事である、とは思います

●リラクゼーションのお店でバイトしてた時、こちらのアドバイスをよく実践してくれるお客さんにここぞとばかりあれこれ教えてたら、どんどんお店に来る回数が減って、店長に注意されたのを思い出した(笑)

●私はサラダが美味しい店にしか行かないので、意味は解るけど同意は出来ませぬ(菜食民族)

 
ハッとさせられる一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ