保護された子猫の兄弟。とくに甘えん坊な1匹は、恩人のそばを離れようとせず…

タグ

とある人家の藪の中で、2匹の小さな子猫が発見されました。

しばらく様子をみましたが、彼らの母親は姿を現しません。

 
彼らを保護したオクラホマ出身のジャレンさんいわく…

わたしが住んでいるのは、自然豊かな郊外です。

もしも彼らを保護しなかったら、コヨーテに食べられていたかも…。

異なる個性

生後3週間ほどの子猫たちはそれぞれ、ミロ、サミーと名づけられました。

 
温かいベッドを用意し、数時間ごとにミルクを与え…

里親ファミリーは、小さな彼らのお世話で大忙しです!

ミロは社交的で、遊ぶのが大好き。

ことあるごとに、うちの先住猫や犬にじゃれつこうとするの。

一方で、サミーは寂しがり屋。

わたしたちが横になっているときも、上に乗っかってきて…

寝返りを打つたびに、抗議の声をあげながら、もっと近くで眠ろうとするし。

わたしたちの顔や首の辺りで丸くなるのが、お気に入りみたい。

 
ジャレンさんが語るとおり、特にサミーは四六時中ママにべったり。

 
彼女の肩に乗り、グイグイと体をすり寄せることもしばしばです。

 
引き取った当初は、十分に成長したら2匹とも里子に出す予定だったそうですが…

こんな姿を見せられたら、気持ちを変えざるを得ませんね(*´艸`*)

 
ミロは新しい家族と暮らすことになりましたが、サミーはジャレンさんのお家にとどまることになりました。

関連:たった1匹の我が子を、必死に育てる若い母猫。でも実は…自分だって甘えたい!

孤独な日々を終えて

ともに生涯の居場所を見つけることが出来た2匹。

 
危険な藪の中で、心細い日々を過ごしたこともありましたが、もう寂しくなんかありません!

 
ミロもサミーも、優しい家族のそばで、いつまでも幸せに暮らしていくことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ