たった1匹の我が子を、必死に育てる若い母猫。でも実は…自分だって甘えたい!

タグ

ある日、妊娠中でいまにも出産しそうな一匹の野良猫が、ワシントンDCにある動物保護団体「Human Rescue Alliance」に保護されます。

 
その後、シェルターに着いてから何匹か子猫を生みましたが



 
合併症のため、助かったのはたった1匹でした。

若いママの奮闘

ともにかなり衰弱している親子を見て、里親ボランティアのスージーさんがお世話を申し出ます。

 
母親猫はシャウナ、子猫はショーンと名づけられました。

母乳がでなかったため、スージーさんが24時間体制で子猫にミルクをあげます。

シャウナはママになるには若すぎ、体調もまだ万全ではありません。

そんな状態でも一生懸命に育児をしている姿には、感動させられます。

ごはん係はわたし、おふろ係は彼女の担当で、協力して子猫を育てているんです。

 
子猫にもママのがんばりが伝わっているのでしょう。

母親猫が彼の毛づくろいをはじめると、嬉しそうにゴロゴロとのどを鳴らすのだとか。

 
やがて適切な治療を受けた後、シャウナの体重は順調に増え、出産から3週間してようやく母乳も出るようになりました。

そんな嬉しい変化が現れる一方で、ちょっぴり困ったことも起こり始めます。

 
体調が回復するにつれて、彼女の独占欲はますます強くなっていき…

ショーンの後ろをついてまわり、ちょっとでもお家の中をウロウロしようものなら、すぐにベッドに連れ戻すほどの過保護っぷりを見せ始めたのです。

 
スージーさんいわく…

彼女は絶対に子猫から目を離しません。

わたしが子猫のお世話をしている間、ずっとそばにいます。

子猫が鳴きはじめると、急いで連れ去ってしまうの。

関連:弱りきって息も絶え絶えな子猫。その命を救ったのは、『ベテランパパ』だった!

自分だって甘えたい

育児に必死になりすぎる一面もあるものの、シャウナだってまだまだ甘えたい盛り。

元気になってからというもの、母親としてだけではなく、猫としても成長しました。

頭突きしながら、かわいらしく甘えてくることもあるんですよ。

そんなママの様子を、子猫は隣に座ってじっと眺めています。

 
強い絆で結ばれている2匹。

願わくば…仲良く一緒に住めるお家が見つかるといいですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ