ふと「微かな鳥の声」が聞こえてきた。かと思いきや、茂みの中を探すと…?

アメリカ・メリーランドでTNR活動*を行なっていた保護団体Alley Cat Rescueのスタッフは、ふと『気になる音』を耳にしました。

※TNR活動=野良猫が増えないよう、去勢・避妊手術を施した後に元の場所へ戻す活動。

 
初めは鳥かと思いましたが、茂みの中を探してみると



見つかったのは、小さな猫。

 
体には、治療が必要な傷も見受けられます。

友達との出会い

ウィンザーと名付けられた彼はその後、猫の専門医のもとへと送られました。

特別なケアを受けるために、私たちの所へやって来ました。

かわいそうに、身体中に膿瘍(できもの)があったんです。

 
それでも、24時間体制のケアと授乳によって…

 
彼はどんどん元気を取り戻していきます。

 
病院ではヒースローという名の友達も出来ました。

彼は湯たんぽみたいに、ウィンザーのことを1日中温めてくれたんです。

関連:酷暑のボートから保護された子猫たち。ご飯を食べ散らかす幼さも、やがて消え…

素敵なジェントルマンへ

やがて、トイレの使い方や固形のご飯を食べることもマスターしたウィンザーは…

他の猫とレスリングできるまでに回復を遂げました。

 
今後も、ますますタキシード模様が似合う大人へと成長していくことでしょう(*´艸`*)

 
幼い命を救った優しい人々の尽力に、心からの拍手を贈ります!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ