医師に安楽死を勧められ続けた老猫。それでも彼と里親は、「奇跡」を信じた

野良猫のTNR活動*を行なっているリンゼイさんが、自身の管理する地域で出会った1匹のオス猫。

TNR=野良猫が増えないよう保護し、去勢・避妊手術をして、また元の場所に戻す活動。

 
とても賢くなかなか捕まえることが出来なかった彼は、急に体調を崩してしまい…

ある日、まるで助けを求めるかのように、罠を仕掛けたケージへ自ら歩み寄って来たそうです。

 
獣医のもとへ連れていくと、すぐさま治療が始まります。

 
喧嘩の傷やノミ、ひどい関節炎、皮膚病と耳の感染症…

レントゲン写真には、彼が経験してきた過酷な生活のすべてが表れていました。

壮絶な人生

猫エイズと呼ばれるFIVにも感染していました。

クリニックではもう安楽死させた方がいいと言われましたが…

彼の瞳の中に、まだ生きる力が残っているのが見えたんです。

 
リンゼイさんは一縷の望みをかけて自宅に連れ帰り、彼の回復を待つことに決めました。

その後、数週間にわたって治療が続けられ…

元気を取り戻していくにつれて、ミスター・ビーも彼女に心を開き始めます。

少しずつ信頼してくれるようになりました。

まるで私が彼を助けていることがわかっているみたい。

 
2人の距離を縮めるのに、「木のスプーン」も役に立ったんだとか。

優しく足に触れると気に入ってくれたようなので、次に顔を撫でてみたんです。

とっても気持ち良さそうでした!

 
それから数ヶ月後



そこには順調に回復を遂げ、家の中でくつろぐミスター・ビーの姿が!

 
回復するまでの間に、何人もの獣医から安楽死を勧められたという彼は…

それでも諦めず、生き抜いたのです。

 
ともに戦ったリンゼイさんも、感慨をもって語ります。

治療を始めて3ヶ月経ち、彼が膝の上に座ってくれたときでした。

初めて、全てが上手くいくと感じたんです。

関連:親友を失って落ち込んでいた犬。しかし…1匹の子猫が、彼の笑顔を取り戻した!

老兵の休息

10年以上一人ぼっちで行きてきたミスター・ビーは、ようやく安らぎを得ることができました。

 
その生命力に、改めて敬意を表さずにはいられません。

 
やがて「生涯の家」へと引き取られていった彼は…

今日もふかふかのブランケットの上で、飼い猫としての生活を楽しんでいることでしょう(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ