「野良すぎる」と安楽死が決まった子猫。しかし、そこに1人の男性が現れて?

タグ

アメリカ・カリフォルニア州の保護施設で、1匹の猫が命の危機を迎えていました。

 
生後9週のルビーは…

「野良すぎて引き取り手を見つけることができない」という理由から、安楽死が決まっていたのです。

 
そんな中で間一髪、保護団体Friends for Life Rescue Networkのメンバー・サムさんが、「ラストチャンス」にかけようと引き取りを申し出ます。

 
怯えきって、必死で隠れようとするルビー。

小さな身体はノミと汚れで覆われており、骨がはっきりと感じられるほど痩せていました。

心を開いて

どれだけ怖がっていても、決して威嚇することはなかったという子猫は…

サムさんに撫でてられるうち、喉をゴロゴロと鳴らし始めます。

息をするのも忘れてしまう位、ずっと喉を鳴らしていたんです。

 
丁寧にノミを取り除き、お腹いっぱいご飯をもらうと、とっても満足げな表情を見せました。

 
以来、どこへいくにもサムさんの後を追うように!

 
朝になるたび、あごの下で丸まって起こしてくれるそう(笑)

少しでも起きる気配を感じると、慌てて走ってきて…

狂ったように喉を鳴らすんです。

関連:安楽死を勧められた猫の母子は、それでも諦めず…「ハッピーエンド」を掴んだ!

「永遠のおうち」へ

サムさんは、甘えっ子の彼を正式な家族として引き取ることに決めました。

 
これでもう、ケージの隅で怯える必要もありません。

 
命を失う寸前で、「本当の魅力」に気づいてもらえた猫は…

 
今日も大好きなパパに、思う存分甘えていることでしょう!(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ