原因不明のままどんどん衰弱していく子猫。諦めムードのなか1人の信念がみんなを動かし、ついに転機が訪れた!

動物病院で助手として働いていたエレンさんのもとに、3匹の子猫が連れてこられました。

彼らはみな、生後1~2日ほどの幼さでしたね。

 
内の1匹であるエイモスと名づけられた子猫は…

止まらない発作に苦しんでいたそうです。

先の見えない闘い

レントゲンなどの検査を受けても、原因は一切わかりません。

考えられる要因はほとんど調べたのですが、いずれも答えは「ノー」でした。

頭部に外傷を負っていた可能性もあるかと思ったんですが、それも見つかりません。

 
このまま、何もしてあげられないかもしれない…。

そんな空気も漂い始めるなか、エレンさんは決して諦めることなく周囲の人々を説得し、エイモスを救うための体制を整えます。

最初の数日はチューブからご飯を食べさせて、それから哺乳瓶へと移行しました。

なにせ、誤嚥性の肺炎になってしまう可能性もあるので、とにかく気をつけましたね。

 
毎時間ごとに体調を確認し、食事も欠かさず、彼が最高のコンディションを維持できるように努めました。

 
ところが…懸命な看護も虚しく、なかなか改善の兆候は見られません。

自分の努力はまったく無駄なものではないか。

エレンさんの脳裏にも、そんな考えがよぎります。

 
しかしある日、いつものようにご飯を与えようとエレンさんが近づくと



エイモスが、自ら進んで口をつけようとしたそうです。

 
それは、彼らにとって本当に大きな一歩でした。

エイモスが諦めるまでは私たちも諦めない、と決めていました。

発作などの症状は、まだなくなりませんでしたが…

それでも、彼の状態が日に日に良くなっていくのには、驚かされましたね。

 
週末で職場から離れるときにも、エイモスを連れ帰って、四六時中のケアを続けたエレンさん。

生後2週間が経つころには、まぶたも開いて、歩き方も覚えたといいます。

エイモスは、私の声が分かっているみたいで、鳴いて返事をしてくれるようになったんです。

のどを鳴らしてリラックスするようにもなったし、食欲も旺盛ですよ。

 
他の兄弟と変わらぬ子猫らしい仕草を見せ始めたエイモスに、エレンさんも一安心。

 
そして、生後4週間を迎える頃には…

すっかり元気な状態になったのだとか(*´∀`*)

関連:子猫の死体を通り過ぎたトラック運転手。ふと涙が出て戻ってみると…

諦めないということ

エレンさんは語ります。

内斜視や聴覚過敏など、生後5週間になった今もわずかな問題は残されています。

何が発作の原因だったのかも判明していません。

それでも、彼はちゃんと、猫として生きています。

走って、遊んで、器からご飯を食べて、トイレの使い方も覚えました。

抱っこのおねだりをしたと思ったら、そのまま甘えてくることもあります。

 
この3ヶ月後、危機的状況を逃れたエイモスは、無事に「生涯のお家」を見つけることができたそう。

子猫を助けるために全力を尽くしたエレンさんの信念に、大きな拍手を送ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ