人が近づけないほど怯える子猫たち。しかし、ご飯の乗ったスプーンを見ると…!

アメリカ・ニューヨーク州の保護団体Flatbush Catのメンバー・ウィルさんは、ある日1本の連絡を受けました。

住宅街に暮らす子猫を保護して欲しい。

 
仲間と共に、さっそく現場に向かってみましたが…

子猫たちは木版の下に隠れ、出てくる気配がありません。

 
仕方なくウィルさんたちは、親猫がするように、1匹づつ首根っこを掴んで捕まえたと言います。

怖がっていたり、怒っている猫を捕まえる時にだけ使うテクニックです。

預かりボランティアも決まっていたので、すぐに保護することができました。

ご飯の匂いに釣られて…

子猫たちはとても汚れていましたが、人をとても怖がっていたため、お風呂に入れるのにも一苦労。

 
隅で身を寄せ合い、人が近づくたびに威嚇を繰り返します。

 
そこでウィルさんはご飯をスプーンに乗せ、ゆっくりと近づけながら警戒を解く作戦に出ました。

その結果



 
大成功!!(*´艸`*)

少し慣れたところで、タオルで包み…

 
食事しながらの「スリスリタイム」へと移行します。

 
お腹も心も満たされて、どの子猫も満足そうです。

関連:後ろ足にヒドい怪我を負った子猫は…命を繋ぐため、自ら人間に助けを求めた

心を開いて…

その後、預かりボランティアの元へ引き取られた彼らは、どんどん心を開いていってくれたそう。

今は元気を取り戻してもらうこと、そして人への信頼を学ぶことに重点を置いています。

彼らはとってもよくやってくれていますよ。

 
怯えていた頃が嘘のように、今では撫でられるのも大好きになりました。

 
ここまでくれば、もう安心!

ウィルさんを始めとした優しい人々の尽力に、心からの拍手を送ります!(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ