【子猫】極度の寂しがり屋の子猫。お友だちがほしいと鳴き続ける彼女に、『ぴったりのお相手』を紹介してみたところ…

凍てつくような寒さの中、ひとりぼっちでいるところを発見された野良猫のノエル。

 
ロサンゼルスの動物保護シェルターに保護された彼女ですが、後に動物レスキュー団体「Alley Cat Recue」に引き取られることになります。

 
スタッフいわく…

小さな子猫は、24時間付きっきりでケアをしなければなりません。

しかし、保護シェルターには、彼女を受け入れる余裕がありませんでした。

寂しくてたまらない

ノエルは極度の寂しがり屋で、ひとりっきりになるのを嫌がるのだとか。

ひっきりなしに声をあげ、抱っこしてもらえるまで鳴きやみません。

 
そんな姿を見たスタッフは、彼女に「ぴったりのお相手」がいることを思い出しました。

野良猫だったところを助けられた、保護猫のハロウ。

もうおじいちゃんですが、小さな猫のお世話をするのがとても上手です。

 
そして、2匹を引き合わせてみると…

ノエルはぴたりと鳴きやみ、嬉しそうにのどをゴロゴロと鳴らしはじめました。

 
以来、子猫はおじいちゃん猫にべったり。

どうやらハロウの出す大きなのどの音が、彼女を落ち着かせるようです。

お昼寝をするときには、彼の被毛に鼻をすり寄せて眠ります。

 
おじいちゃん猫のほうもノエルが気に入ったようで…

ちょっとでも彼女が鳴こうものなら、どこにいようとも駆けつけるそう。

関連:【子猫】 とある男性が、仕事場で6匹の子猫を発見。しかもその内2匹は…『ミトン』のようにキュートな手をしていた!

運命の出会い

大好きなおじいちゃんと毎日一緒に過ごすことで、心が満たされたのでしょうか。

まもなくノエルは、むやみやたらに鳴き声をあげなくなったといいます。

 
寒くて辛かった日々も、寂しくてたまらなかった日々も、もう過去のこと。

これからは愛にあふれる家族のもと、幸せいっぱいの暮らしを送っていくことでしょう(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ