子煩悩な母猫と、心優しい里親は…2人3脚でヤンチャな子猫たちを育て上げた!

アメリカ・オレゴン州にて、野良として暮らしていた母猫・スプリンクルスと、その3匹の赤ちゃん猫が救助されました。

 
言わずもがな、野生での暮らしは過酷で子育てには不向きなため…

里親のボランティアをしていたアシュリーさんが、彼らに救いの手を差し伸べます。

母親の献身

しかし、まもなくして…

3匹いた赤ちゃん猫のうち、メープルと名付けた1匹が、この世を去ってしまいました。

 
そして、愛する我が子との別れがよほど辛かったのか…

 
スプリンクルスは残された2匹の子猫・フリッターとココに対して、少し過剰なほどに注意を払うようになったそう。

彼女が育児を休むのは、私が赤ちゃん猫の面倒を見ているときだけでした。

それ以外の時間は、トイレも食事も、ずっと我慢していたんです。

 
アシュリーさんは、母猫としての負担を少しでも減らすため…

子猫の面倒を見ている間も栄養を補給できるように、ご飯や水を持ってきてあげるなど、せいいっぱいに育児をお手伝いしました。

 
そんな飼い主に対して、スプリンクルスも少しずつ信頼を寄せていきます。

 
その結果



食後は母子そろって、アシュリーさんにすり寄って甘えるのが日課になりました(笑)

 
やがて、フリッターとココも自分で歩けるようになるまで成長!

 
いたずらの楽しさを覚え、家の中のありとあらゆる場所でふざけてしまうので、里親のアシュリーさんもたじたじですが…

 
そんなところも、可愛いくてしかたないようです( *´艸`)

関連:自宅の裏にふらりと現れた人懐っこい猫。1匹だけだと思い、招き入れてみると…

生涯の家へ

たくさん遊んだあとは、お昼寝の時間。

お互いをギュッと抱き寄せながら眠るのがお決まりです。

 
ただ、男の子のフリッターが元気すぎるあまり…

時々、寝ようとしている妹のココを「まだ遊びたい!」と起こしてしまうこともあるんだとか(;∀;)

 
その後、やんちゃな兄妹は、里親のアシュリーさんのもとから2匹そろって引き取られていきました。

新しく飼い主になった方も、フリッターとココのことが大好きみたい。

きっと、これ以上ないくらいに幸せな生活を送っていると思いますよ。

 
彼らの巣立ちは、里親のアシュリーさんと母猫のスプリンクルス、二人三脚の育児が実を結んだ瞬間とも言えるでしょう。

2人のお母さんに、心からの「お疲れ様でした」を伝えたいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ