4匹兄弟の中でも、特に衰弱した子猫。助からないと思われた所に救いの手が…!

タグ

6月初め、アメリカのマサチューセッツ州の保護施設に、4匹の子猫が連れてこられました。

そのうちの1匹、「ベビーグレイ」という愛称で呼ばれる子猫は、特に衰弱が激しかったとのこと。

 
このままでは生き延びることは難しいだろう、と、誰もが諦めていたのですが…

行き場のない猫たちの保護活動を行っていたタラさんが、彼らに救いの手を差し伸べます。

 
彼女は4匹の子猫を引き取ると、即座に獣医へと連れていきました。

取り戻した命

ベビーグレイは、病院で一晩を過ごしました。

獣医の方たちが、一晩中手当てをしてくれたのです。

そのおかげで、死の瀬戸際にあった彼も、どうにか持ち直すことができました。

 
翌朝には、どうにか自力で動けるほどには回復したベビーグレイ。

命を助けてくれた人々に、すりよって甘えてみせたそうです(*´∀`*)

 
まだしばらくの養生が必要なベビーグレイを、タラさんは自宅へと連れて行きました。

昼夜問わず懸命な看護を続けた甲斐もあって、ベビーグレイは少しずつ体力を取り戻していきます。

 
その後、彼は十分な回復を待ってから…

一足先に他の3匹を預かっていた里親のアリソンさん宅へと引き取られていきました。

 
ふかふかなベッドに毛布、おいしいご飯、そして飼い主からの惜しみない愛情。

ほしかった全てが、今では自分のものです(*´∀`*)

関連:愛する飼い猫の死後、隣の家の猫が度々訪ねてくるようになり… 6枚

その後

ベビーグレイは、まだ全快とはいかないものの足取りもしっかりしており、アリソンさんに対して甘えん坊ぶりを発揮しているそう。

 
つらい思いをした分だけ…

これからはどうか幸せに暮らしていってほしいですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ