終戦記念日の8月15日。長崎のスタバに掲げられた『メッセージ』が心を打つ

2017年8月15日。

今からちょうど2年前の終戦記念日に、長崎のとあるスターバックスに掲げられた『メッセージ』を読んで、ゆー@magneter (@neccoUK)さんは心を打たれました。

※以下、黒板に書かれた文章の書き起こしです

皆さんが飲んでいるコーヒー、その豆のほとんどがアフリカや中東、ラテンアメリカなどの政情の不安定な地域から輸入をしています。

“おいしいな”と感じているそのコーヒーが内戦や紛争によって来年から飲めなくなることもあるのです。

 
“ほっとする” “のんびり” “落ち着く”という言葉で表わされるコーヒーは、実は世界から危険な地域からやってくることもあります。

戦争と平和というとあまり身近に感じないかもしれませんが今、飲んでいるコーヒーメフラペチーノか飲めなくなるかもしれないと思うと平和について考えるひとつのきっかけになるのではないのでしょうか。

 
今年長崎は戦後72年目の夏を迎えます。

あなたにとって”平和”とは何ですか?

反戦の願い

私たちが享受している穏やかな日常、そして今この瞬間も、海の向こうで沸き起こり続ける大きな怒りや悲しみについて、想いを馳せずにいられません。

 
74年目の今日、改めて…

世界中のあらゆる争いが解決へと向かうことを、心より願います。

関連:面接後に寄ったスタバ。店員と談笑した後、受け取ったカップを見て…泣きかけた

みんなの反応

●ほんと考えさせられますなあ…。紛争戦争で小麦とか来なくなった日を想像してみると…

●近年、段々と戦争に対する教育、知識が薄れてきている。戦争を語れる人物が少なくなってきているから。今が平和ならいいと今の若い世代は思うだろうけど、今、この時、世界ではどこかで戦争があり、失われていく命があることを忘れてはいけない

●普段身近に考える機会の少ない事に目を向けるキッカケを作ってもらえた事に感謝したいです

●1杯のコーヒーに何を思うのか、人によって違うと思うけど、世界の人々に想いをはせるのも大事なのかもなあ

 
ハッとさせられる一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ