農場で見つかった3匹の子猫。愛をいっぱい受けて、それぞれの個性が輝きだした

ある日、アメリカ・カリフォルニア州の農場で、生後6週ほどの3匹の子猫が見つかりました。

 
その後、保護施設の「the Cat House on the Kings」に引き取られた彼らは衰弱しきっており…

体を覆うノミの数があまりに多すぎたため、日を置いて2度もお風呂に入れる必要があったそう。

 
しかし猫風邪(上部気道感染症)の治療を行い、治療用のケージで一晩過ごすと、幸いにも3匹はすぐに大きな部屋に移ることができるまで回復しました。

一番姉御肌の三毛猫が、真っ先にケージを飛び出していって…

その後を、2匹がついて行ったんです。

それぞれの個性

3匹の猫はそれぞれパルメザン、チェダー、ブリーと名付けられました。

自己主張の強いパルメザンは、いたずら隊長。

 
いつも弟妹を率いてやんちゃを企てます。

一番最初に威嚇したのも…

一番最初に喉を鳴らしてくれたのも彼女でした。

 
恥ずかしがり屋だったオレンジの男の子・チェダーにも、まもなく自信がついてきたようです。

 
シャム猫のミックスの女の子ブリーも、時間はかかりましたが徐々に心を開いてくれるようになりました。

 
どの子猫たちもスタッフから献身的なケアを受けるうち、どんどん甘えっ子になっていきます。

 
やっぱりみな、愛情に飢えていたのでしょう(*´∀`*)

関連:工場で保護された6匹の子猫。次々に命を落とす中、最後に残った1匹の運命は…

すくすく成長

保護されて5日。

子猫たちはすくすく成長し、おしゃべりも上手になりました。

ここへ来た時は痩せこけていましたが…

今はみんな食欲もあり、キャットタワーに登ったり、ボールや靴紐で遊んだりして楽しんでいます。

 
困難を乗り越えて幸せを掴んだ彼らは…

今日も健やかな日々を送っているに違いありません(*´艸`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ