助けを求めて庭に現れた子猫を獣医に連れていくと…安楽死を勧められた。それでも諦めずに、2週間看病を続けたら!?

ある日の早朝、イギリス・ハダースフィールドに住むジョディさんは、子猫の鳴き声で目を覚ましました。

庭に出てみると…

そこには助けを求めて鳴く、小さなトラ柄の猫の姿が。

彼女の目は感染症を起こして開くこともできず、鼻はかさぶたで覆われていました。

 
子猫はジョディさんが近づいて来た音を聞きつけたのか、もっと大きな声で鳴きながら、まっすぐ歩み寄って来て…

 
優しく触れられると、落ち着きを取り戻したのか喉を鳴らし始めました。

彼女はとっても小さく…

凍えていたので、抱き上げて家の中へと連れて行ったんです。

安楽死を勧められるも…

ジョディさんは子猫を職場へと連れて行き、冷えた体を温め続けました。

そして、お昼休憩の際に獣医師の元を訪れましたが…

生後5週程度の子猫は、酷い猫インフルエンザにかかっており、安楽死させるべきだと言われたんです。

しかし、私にはできませんでした…。

 
腕に抱いた彼女の生きる意志を感じ取り、家へと連れ帰ったジョディさん。

 
その後1週間は2時間おきの授乳スケジュールをこなし、抗生剤や目薬で治療を続けます。

 
それから、さらに1週間後





そこには、すっかり元気を取り戻した子猫の姿がありました!

 
息をするだけで苦しそうだった子猫は、見事に回復を遂げ、体重は2倍に。

いくつもの治療と、そして何より愛の力で…

彼女は、元気いっぱいの子猫に生まれ変わったんです。

関連:外見が他と違うために、安楽死間近だった子猫。たまらず引き取ると?

救われた命の輝き

やがて子猫にも生涯のお家が見つかり、新たに家族となった先輩猫とも仲良く過ごしているそう。

 
彼女がこれからもすくすくと育ってくれることを、心から願っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ