病気に蝕まれ、ケンカ傷だらけの野良猫は…優しい人々の支えで「夢」を叶えた!

ある寒い冬の日のこと。

「バーニー」と名付けられた6歳の野良猫が、カナダ・モントリオール市の愛護団体「Chatons Orphelins Montréal」に運ばれました。

 
団体代表のセリーヌ・クロムさんによると…

彼はなんとか自力で冬をやり過ごしていた。

地元ではよく知られた猫で、近隣の人がご飯をあげていたけれど、誰もそれ以上面倒を見ていなかったの。

 
食べる物には困らなかったものの、長年の路上生活を経たバーニーの体は、ありとあらゆる病気に蝕まれていました。

 
ネコ免疫不全ウィルスは陽性、無数のケンカ傷に目の炎症、鼻づまりによる呼吸困難。

片耳は凍傷によって縮れ、寄生虫や耳ダニ、歯の治療も必要…どこを見ても、深刻と言わざるを得ません。

甘えん坊の「テディベア」

だからこそ、「誰かの助け」を必要としていたのでしょう。

バーニーは構ってもらおうと、真っ直ぐ私たちの方に歩み寄ってきた。

とっても大きなホッペに、逞しい筋肉。

地元のボス猫だったに違いないわ。

 
彼が去勢手術を受けられる状態へと回復するまで、実に2ヶ月もの治療が必要でした。

冬を外で過ごしたことで、彼の体は多くのダメージを受けていたけれど、治療が間に合って良かった。

鼻が詰まるから寝る時にちょっとイビキをかくし、片目はまぶたに受けたケガの後遺症で、少し潤んでいるわね。

そうやって路上生活で負ったものは今後もなくならないけど…

それでも私たちはみんな、彼のことが大好き。

彼には個性があるのよ。

 
保護されてからずっと、里親のマチルデさんとパトリシアさんの看護を受けているバーニー。

最初はシャイな面を見せることもあったそうですが…

人間の愛情と優しさを知り、数週間のうちに心をひらいてくれたとのこと。

彼は毎日のようにハグをねだるの。

怯えて小さくなっていた姿はもうなくて、今では誰かが来るとドアの前で待ち構えているのよ。

バーニーは一人で生き抜くために、過酷な路上生活を送っていた。

でも今は安全な場所で暮らし、愛され甘やかされて幸せいっぱいよ。

関連:母親とはぐれ、片目を失った子猫。その『驚異の生命力』に誰もが息を呑んだ

ついに夢が叶った

そして保護されてから半年ほど経ったある日、待望のニュースが!

バーニーの新しい飼い主が、ついに見つかったのです(*´∀`)♪

 
彼の今まで、そしてこれからを、責任と共感を持って受け入れてくれる家族との出会い。

バーニー自身にとっても、見守り続けた周囲の人々にとっても、夢が叶った瞬間でした。

 
つらい思いをしてきた分…彼にはどうか、幸せになって欲しいですね(´∀`=)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ