母親とはぐれ、片目を失った子猫。その『驚異の生命力』に誰もが息を呑んだ

カナダ・モントリオール市内で、生後3-4週間の子猫が発見されました。

 
体重は月齢でみた平均値のおよそ半分ほどしかなく、明らかに発育不良です。

さらに片目には、鳥に襲われたと思われる傷を負っていました。

驚くべき生命力

地元の愛護団体のスタッフが哺乳瓶でミルクをあげると…

すごい勢いで吸い付いてきます。

 
団体代表のセリーヌ・クロムさんが当時の様子を語りました。

ものすごい食欲だった。

「生きたい」という意思の強さを感じたわ。

 
お腹がいっぱいになって眠りについた後も…

まるで「一人にしないで」とでも言うように、彼女はスタッフの指を離さなかったそうです。

 
子猫はスリと名付けられ、里親ボランティアへと預けられることに。

 
それからの彼女の回復ぶりには、誰もが目を見張りました。

 
残念ながら、今後も体が大きくなることはないそうですが…

そんな事実を補って余りあるほど、明るく元気な性格の持ち主です。

スリは怖いもの知らず。

だけどちょっと不器用なところがあって、よく色々な物にぶつかるの。

里親は彼女を色々なところに連れて行ってあげているんだけど、見るもの全てに興味を示してるそうよ。

関連:心臓の欠陥で「1歳の誕生日を迎えられないだろう」と宣告された子猫。そして…

奇跡の子猫

たくさんの愛情を受け、気持ちの良いブランケットにくるまり、「セレブ生活」をエンジョイしているスリ。

あれほど過酷な状況を、母親の手を借りずに生き抜いたなんて奇跡よ。

彼女は、本当に強い子だわ。

 
その類まれな精神力と生命力に、心からの拍手を贈りたいですね!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ