ロックバンドがバスの中で発見した6匹の子猫。その命が救われたのは運命だった

とあるロックバンドが、フロリダ州のコンサート会場に到着した時のこと。

メンバーの一人が、ツアーバスから「猫のような鳴き声」が聞こえるのに気づきました。

 
エンジンの故障かとも思いましたが、バスの機能を全て停止しても音は止みません。

そこで、バッテリーボックスを開けてみたところ



雨でぐっしょり濡れた子猫を発見!

 
しかも1匹だけではなく…

 
なんと、「6匹」もいました!

幸運に恵まれて

テネシー州にあるバス会社の駐車場で生まれた子猫たちは…

母猫の手によってバスの中に運ばれ、そのまま2日間、バンドと共に旅してきたようです。

 
凍えてお腹を空かしていたものの、幸い命に別条はない様子。

メンバーたちは彼らの体を拭き、タオルに包んであげました。

 
現場に居合わせたコンサート会場のスタッフであるメリッサ・ブレイディさんいわく…

バンドのメンバーは子猫たちの居心地がいいように、できる限りのことをしてあげていたわ。

 
親切な人々に救われた子猫たちの幸運は、さらに続きます。

偶然にも地元の愛護団体の代表だったメリッサさんが、迷うことなく彼らを引き取ってくれたのです。

 
それからの2週間、懸命の看病が功を奏し、6匹の子猫たちは健康状態や食欲も申し分なく順調に成長。

 
もう少し経てば、きちんとした食事を自分で食べられるところまで回復しました。

子猫達は母猫にバスへ運ばれた。

それから雨だったり色々大変な思いをしながら、バスの下で長い旅を続け、私たちのもとへ辿り着いた。

そしてようやく発見された時にたまたま私がいた…。

この一連の出来事は運命だったとしか言いようがないわね。

関連:飼い猫が自宅から姿を消して2年半。待ち続けた家族に、やがて「奇跡」が起こる

母が残した愛

 
一方、母猫は数日後にバス会社によって発見されましたが…

過酷な屋外の環境下を生き伸びることは難しく、残念ながら助からなかったそう。

彼女の愛と精神は絶えることなく、子猫たちにちゃんと引き継がれているわ。

 
「我が子を守りたい」という親の強い意思、そして様々な偶然が重なったことで救われた命。

どうかこれからも、元気いっぱいに成長していって欲しいですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ