施設で3匹の我が子と再会した母猫。そこへ更に「4匹の新入り」がやってきて…?

とあるマンションのゴミ置き場で、3匹の子猫が発見されました。

収集用コンテナの中で鳴き続けていた彼らは、一見して分かるほど健康状態が良かったそう。

 
授乳し続けていた母猫がいることは明らかでしたが…

周囲にそれらしき姿は見当たりません。

 
翌日はゴミの回収日。

子猫たちをそのまま置いて置くのは危険だと判断した発見者は愛護団体に連絡し、すぐに駆けつけたボランティアスタッフが子猫を保護しました。

 
あわせて、母猫が戻ってきた際に捕獲できるよう、罠を仕掛けたカゴを設置します。

 
そして、待つこと3日…

彼女も無事、保護することに成功しました!

再会を願って

シャンパーニュと名付けられた母猫は、初めこそ緊張していましたが…

子猫たちの世話を担当しているスタッフのところへ連れて行かれると、すぐに落ち着いた様子を見せます。

 
そして、ついに再会の時



シャンパーニュは、我が子をすぐに自分の腕の中に招き入れ、キスの嵐を浴びせました!

 
その後ようやく心から安心できたのか、授乳しながら自らもご飯も食べ始め…

子どもたちを抱き、嬉しそうに鳴き続けます。

 
彼らにとってはもちろん、スタッフにとっても、願いがかなった瞬間です。

 
さて、時を同じくして…

とある駐車場で保護された子猫4匹が、新しく施設へとやってきました。

 
そしてある日、担当スタッフの女性が彼らをベッドに寝かせ、10分ほどその場を離れた後に戻ってくると




なんとシャンパーニュが、新入りの子猫たちを甲斐甲斐しく世話しているではありませんか!(*゚▽゚*)

 
予想外の光景に誰もがビックリ。

 
彼女は、血の繋がりすらも超えるほどに強く、そしておおらかな母性を持っていたようです。

関連:『もう一度会いたい』 自閉症の少年が心を開いた猫は…ある日突然、姿を消した

いつの間にか大家族に

計7匹となった子猫たち。

母猫のもとに寄り添って、皆で仲良く過ごします。

 
シャンパーニュは子猫たちを溺愛し、自分にできることはどんなことでもしてあげているとか。

その愛情あふれる眼で、これからも彼らの成長を見守っていってあげて欲しいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ