飼い犬に毛布をあげた翌朝、外を見たら…『切なくて優しい光景』に胸を打たれた

タグ

兄弟と一緒にいるところを保護された野良犬のラナは、その後めでたく、スーザン・シャムレッフェルさん宅へと招き入れられました。

 
以来、彼女は飼い犬として、新たな生活を歩み始めていたのですが…。

忘れられない

外が寒くなってきたある日のこと。

スーザンさんはラナに1枚の毛布をあげます。

 
そして翌朝、庭へ様子を見に行くと





 
彼女は、フェンスの外にいた1匹の野良犬と…

「自分の毛布を分け合っていた」のです。

 
以来スーザンさんは家の近くで野良犬の姿を見かけるようになりましたが、近づくだけで逃げ出してしまうため、せめてもと水と食料を置き与えたそう。

 
彼にとっては、同じ境遇にいたことのあるラナだけが心を許せる相手であり…

ラナにとっても、未だに彼は大切な仲間なのでしょう。

関連:危篤状態の飼い主。病室にやってきた愛犬は、その顔を見つめて…

動物たちが持つ優しさ

スーザンさんは語ります。

ラナは今まで出会った中でも、一番優しい子だわ。

私たちは、誰かの人生を変えられる。

忘れがちになってしまう大切なことを、彼女が思い出させてくれるの。

 
異なる環境に身を置いた今もなお、友達を想い続けるラナ。

その姿に、強く心を打たれました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ