生まれつき「斜めの世界」で生きる猫。母猫から見放された果てに、幸せと出会う

アメリカのとある家の離れ小屋で発見された、生後数週間ほどの子猫・ティッピー。

彼女の首は、生まれつき「傾いたまま」固まっていました。

 
そんな障害を抱えていたため、「育てることはできない」と判断されたのか…

母猫からも見放され、置き去りにされてしまったようです。

仲間とともに

ティッピーを保護した活動団体の代表者であるトニさんは…

確かに、首の角度はちょっとおかしいけれど、彼女自身はいたって健康ですよ。

神経の問題もないようだし…

本当にただ、首が曲がってしまっているだけなんです。

 
とはいえ、やはりバランスを崩して上手く歩けないこともしばしば。

ただでさえ生まれてまもない彼女には、安心して暮らすことのできる環境が必要です。

 
やがてティッピーは、里親の元へと引き取られていきました。

見知らぬ人間に囲まれて、初めのうちは少し緊張していたようですが…

 
他の子猫たちを紹介されると、あっという間に、新しい環境へと馴染んでしまいます。

 
お昼寝のときは、みんなで身を寄せ合うのがお決まりなんだとか( *´艸`)

 
また、体が大きくなっていくにつれて、首の傾きも少しずつ目立たなくなっていきました。

 
完全にまっすぐになる、ということはないものの、普段の生活にも支障はないようで…

他の子猫たちにくっついて、元気よく走り回っているそうです。

関連:地元警察が全面協力。捨てられたペットたちを救う『画期的なアイデア』とは?

もう独りじゃない

一度は母親に捨てられ、独りぼっちになってしまったティッピーですが…

新しくできた家族とは、とても仲良くやっているとのこと。

 
これからも大好きな兄弟姉妹に囲まれて、幸せに暮らしていってほしいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ