足に障害を抱える2匹の子猫。出会ったその日から、彼らは「姉妹」になった!

アメリカ・マサチューセッツ州セイレムの保護団体の元へとやってきた、子猫のルーシー。

彼女は生後8週間にして、体重がわずか1ポンド(約450グラム)ほどしかありませんでした。

 
くわえて、その体にはもう一つの特徴が…。

生まれつき、「足が一本だけねじれて生えていた」のです。

 
保護施設の代表を務めているタラさんは語ります。

初めて会ったときのルーシーは、私を見て、大きな声で鳴いたんです。

まるで、「拾って!」と呼びかけているようでした。

今でも、抱きかかえて欲しいときは、鳴いて訴えるんですよ。

 
小さな体でも元気一杯のルーシーは、一緒に遊べる友達を欲しがっていました。

無二の親友

その数週間後、保護団体は、また別の子猫を迎え入れます。

 
新たな家族となった子猫の名前はミリー。

生後6週間で、野良としてさ迷っていたところを保護された彼女は…

「後ろ足の一本だけがとても長い」という障害を持っていました。

 
そして、お互いに「共通点がある」と感じたのか…

ルーシーとミリーは、出会ったその瞬間から親友になってしまいました。

 
まるで、生まれた頃から一緒だったように遊び始めた2匹。

部屋中をかけっこしたり、ベッドで一緒にお昼寝したり…

一方がどこかへ向かえば、もう一方がその後を追いかけるので、離れることはほとんどありません。

 
その様子は「けっして障害なんかには負けない」と、互いを励ましあうようでもありました。

事実、ルーシーとミリーにとって、他の猫たちのように歩き回ったり飛び跳ねたりするのは、それほど難しいことではないそう。

彼女たちには、本当に驚かされました。

ミリーは上半身の力が強くて、後ろ足を使わずに、色んなところを駆け上ってしまうんです。

一方のルーシーも、自分の思うままにジャンプする方法を身につけていました。

関連:3匹の捨て猫を救ったのは…不思議な縁で結ばれた、耳の聞こえない母猫だった

互いの心の支えに

 
母親も、育った環境も、それぞれ異なる彼女たちですが…

今では、誰がどう見ても「仲の良い姉妹」そのものです(*´∀`*)

 
強い絆で結ばれたルーシーとミリーは、これからもお互いを励ましあい、力強く生きていくことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ