長い放浪の果てに…ずっと一人ぼっちだった2匹の子猫を、引き合わせてみたら?


タグ

アメリカ・ウェストバージニア州のとある一家は、家のベランダの前で、一匹の黒い子猫を発見しました。

 
何かを呼びかけるように、延々と鳴き続けていた彼は…

どこにも行くあてがなく、とても長い間さまよっていた様子。

家族はすぐさまアニマルレスキューに連絡を取ります。

 
保護された子猫は、「ポウ・リビア」と名づけられました。

 
人懐っこく、誰かとくっつくのが大好きな彼は、いつも里親のエミリーさんにべったりだったそうです。

親友との出会い

一方その頃。

アニマルレスキューは、「野良の子猫を発見した」という別の報告を受け、救助に向かっていました。

 
子猫を発見したスタッフによると…

彼女の体はとても小さく、またノミが集っていました。

ひどく弱っており、その上、後ろ足が片方なかったのです。

 
「ルイザンヌ」と名づけられた子猫。

体重はたった1.6ポンド(約720グラム)しかなく、目に感染症の疑いがあり、手厚いケアを必要としていました。

 
そして、彼女もまた一人ぼっちだったため…

「ポウ・リビアとなら、互いの気持ちがわかるぶん、仲良くなれるかもしれない」

そう考えたアニマルレスキューのスタッフは、2匹を同じ里親の元で飼うのはどうだろうか、と思いつきます。

 
結果



 
予想は見事に的中!

 
2匹は出会ったその日から意気投合し、一緒に窓際で日光浴するほどの仲になったのです( *´艸`)

関連:体重が130gしかない子猫。成長のカギは、「母猫へのケア」にあった

協力があってこそ

救助に携わったスタッフは…

全ての野良猫を救うことは出来ません。

それでも、助けを必要としているならば、それに応じるために全力を尽くします。

 
とはいえもちろん、私たちの力だけでは難しい。

今回の救助に携わった地元の人々、みんなに感謝したいです。

 
優しさと結束力がもたらした、親友との出会い。

2匹の未来に、たくさんの幸せが待っていますように!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ