不幸な事故から生還した子猫。大きくなろうと「一生懸命に食べる」あまり…!?


タグ

カナダ・ブリティッシュコロンビア州のとある農場で、3匹の子猫が発見されました。

子猫たちは、小屋内のプラスチックの断熱材の中に埋もれてしまっており、身動きが取れない状況とのこと。

保護団体のスタッフが、現場へと急行します。

 
3匹のうち、生き残ることが出来たのは2匹だけ。

周囲に親猫の姿もありません。

 
里親のボランティアを行っているダニカさんは、弱りきった子猫たちを引き取って保護しました。

子猫たちは、ひどく衰弱していて、脱水症状にもかかっていました。

生後まもないのに、母親のミルクを与えられなかったんです。

 
しかし、献身的な看護も実らず…

さらに1匹が、肺炎でこの世を去ってしまいます。

生き残った子猫

唯一の生き残りとなった子猫のメイジーは、それでも懸命に、生き延びようと戦い続けました。

 
たったの一滴も残さない勢いで、ミルクの吸い口をくわえて離しません。

ずっと飢え続けていたのでしょう。無我夢中でご飯を食べ続けます。

 
さて、生後5週間を迎える頃には、ウェットタイプのご飯を自力で食べられるほどに成長したメイジーですが…

実は食事の際に、ある「困った癖」が出てしまうといいます。

 
聞けば、彼女はなぜか





 
ご飯の中を泳いでしまうのだそう(;∀; )

 
お皿の中に体をつっこむので、お腹も足の裏もびしょ濡れ。

ちょっとばかり散らかっても、まったく気にしないようです。

 
当然、お掃除も大変。

それでも、お腹一杯に満たされた本人は、満足そうにしているのだとか。

散らかさなくて済むように、お皿や容器をいろいろと変えてみたんだけど…

でも、結局ああやって食べるのが、一番落ち着くみたいなんです。

だから、彼女がそれで幸せなら、もうそれでいいと思って。

関連:初めての飼い猫はシャイで隠れてばかり。それでも待ち続けたら、28日後に…

 
「ミス・メッシー・メイジー(散らかし屋のメイジーさん)」と、ニックネームを付けてもらったメイジー。

 
おいしいご飯や愛情をたっぷりと与えられ続けて、今ではすっかり元気になりました。

彼女は、本当にたくさんの障害を乗り越えて、今ここにいる。

メイジーのことは、とても誇りに思います。

こういう猫と出会えることが、里親を続けてきてよかった、と思える瞬間ですね。

 
手のかかるかわいい子猫として…

今日も周囲の人々や年上の猫たちに、色々とお世話をやいてもらっていることでしょう(*´艸`*)

この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ