ふと現れたノラ猫の後を着いて行くと、4匹もの子猫を発見。うち1匹は障害を抱えていたけれど…ママの愛は変わらない!

アメリカ・ペンシルバニア州で何年もの間ノラ猫たちの面倒を見てきた、保護団体Kolony Katsのクリスさんとキアさん。

そんな2人は、いつもの見回りルートを運転しているときに…

道を渡る1匹のノラ猫を発見しました。

ご飯をあげようと車を止めた時、すぐに彼女は授乳中だと気がついたんです。

 
人懐っこくも少し怯えているようだったため、車内に残ったまま後を追い、あたりを探してみると…

ある民家の玄関先に置かれたボロボロの段ボールの中で、4匹の子猫を囲っていたことがわかりました。

 
そこの家主によると、母猫である彼女は、最近2年で4回も出産をしているそう。

 
クリスさんたちは許可をもらい、翌日全ての猫を保護することができました。

特別な子猫

4匹の子猫の中には、特別な障害を持った子猫もおり…

 
一番小さな猫・コーデュロイは、生まれつき眼球のない”無眼球症”と、口や鼻が裂けたような奇形を起こす”口蓋裂”を患っていることが判明します。

 
しかし、見た目こそ他の子と異なれど、生活に支障はないこともわかりました。

あんな状況で子育てをしていたのに、母猫・エレノアはとても良く面倒を見ていたようです。

 
その後、預かりボランティアのロウさんの元へと引き取られると、エレノアも安全で暖かい環境にホッとしたのか…

新しいベッドに横になり、再び子猫たちのお世話を始めます。

 
コーデュロイは兄弟猫たちよりも少し身体が小さいものの、魅力では負けていません。

彼は一番個性的。

とてもおしゃべり上手で、最近は夢中になってお皿の水で遊んでいるんですよ。

 

 
エレノアも彼の外見については何ら気にもとめずていない様子で、毛繕いに勤しみます。

彼女はとっても可愛いんです。

子ども達のお世話を私に任せせてくれて、抱きしめると彼女もハグをしてくるんですよ。

関連:幼い妹を病気で亡くした子猫のお兄ちゃん。打ちひしがれた心を癒したのは…新しくやってきた一回り大きな子猫だった!

すくすく育って…

その後、子猫たちは健やかに成長し、体重も500グラム近くなりました。


 
4匹の子猫たちと優しいママに、これからもたくさんの幸せが訪れるよう、心から願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ