【子猫】 右の前足を二か所も骨折してしまった子猫。周囲の人間が「切除するしかない」と諦めるなか…驚くべきことが起こる!!

米ニューヨークのアニマルシェルターに、足を骨折した子猫が連れてこられました。

 
その姿を見て…

施設の方々は、「残念ながら足を切除するしかない」と諦めていたといいます。

一縷の望み

猫カフェを営んでいたクリスティーナさんは、そんなかわいそうな子猫の話を聞いて、彼を引き取ることを決意。

いったい彼の身に何が起こったのかは、誰もわかりませんでした。

レントゲンで検査したところ、右前足の骨は、2か所も骨折していたんです。

獣医の先生は、片方の骨折は治るだろうけれど、もう一方の骨折は難しいから、切除が必要になるだろう、と。

 
バターズと名付けられた子猫は、痛みをあまり感じていないようでした。

クリスティーナさんたちは、もう2週間ほど様子を見てから、最終的な決断を下すことにします。

 
人懐っこい彼は、引き取られた先でも里親にすぐ甘え始めたのだとか。

 
もともと好奇心旺盛で怖いもの知らずな性格にも、ますます磨きがかかっていきました。

 
おもちゃを使って遊び、他の子猫たちともじゃれあい、かと思えば里親にも擦り寄り…

まるで、足の怪我なんて気にしていないかのように振る舞います。

 
そして、驚くことに



いつのまにかバターズは、右足を使って歩けるほどに回復していたのです。

 
クリスティーナさんによれば、どうやら自力で添木を外してしまったらしい、とのこと。

レントゲン検査を受けさせたのですが…

どういうわけか、骨折していたはずの骨は、すっかり治っていたんです。

 
奇跡的な治癒力を発揮して、周囲の人間を驚かせたバターズは…

それまで以上に活発に、家の中を走り回るようになったそうです。

関連:【子猫】 後ろ足にマヒを抱え、母猫にも捨てられた子猫は…保護された先で、経験豊富な「犬のお母さん」に出会った!!

命の力

その後、家族として迎え入れてくれる方に出会えた彼は、めでたく『生涯の家』へと旅立っていきました。

本当にすさまじいエネルギーの持ち主でした。

もし人間に生まれていたら、総合格闘技の選手になっていたかもしれません。

 
やはり動物たちは…

我々の想像を遥かに超える、強い生命力を持っているのですね(゚Д゚;)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ